スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬富士にGO!その2

最近、忘年会、飲み会、連れの家で徹夜でゲームをしていたため、すっかりブログの更新が滞っており、対処法をずっと考えていたユウです。

12月2日に行った有馬富士公園公園へGO!の続きですね。わかりました。


肝心な有馬富士公園の紹介をしていませんでしたね。

有馬富士公園(http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/
兵庫県三田市福島1091-2

平成13年4月29日開設、都市公園としては、兵庫県最大
ということもあり、かなり広かったです。


そんな大きな公園だというのに、ユウとフミと夏(ナツ)が有馬富士公園に到着した時間が

午後3時頃でした。

最近は5時ぐらにになると暗くなってくるので、そのため、かなりハイペースで回りました。



有馬富士をとってみました。すっかり色が変わってますね。

これが見たかった


もう少し、早ければ有馬富士に有馬富士に登れたかもしれませんね。

(ユウとフミの体力が余っていれば、、、、有馬富士に登れるということも帰ってきてから知りました。(^o^))


こんな感じで公園内をじっくり歩いていけます。

二人



そして遠目ながら、かやぶき民家を発見しました。

かやぶき民家を見つめて


ここで記念写真。

福島大池をバックに


そして、かやぶき民家に行くまでの間に、おいしそう?な柿が

柿



そしてここでも記念写真を

かやぶき民家とともに


かやぶき民家自体が展示物のようで、午後3時くらいまでなら中に入ることができたみたいです。

当然ユウとフミがついたころには、戸締りがしっかりしてました。

かやぶき民家




そして、外には、こんなものが。
やはり、かやぶき民家とは言え、防犯意識が高いようです。

ユウが「夏(ナツ)もこんなのにひっかからないように気をつけないとなー」と夏(ナツ)に言ったところ

フミに「ユウも気をつけないとね」と言われました。なぜなら、ユウの手には竹の鳴る紐が握られていたそうな。



警報機


そりゃ、どんなものか試したくなるのが人の心情というものですよ。

そのあともちろん竹は鳴らしてみましたよ。

しかし所詮、竹の警報機、こんなもので防犯ができるわけないと思ったら


な、なんとこんなところに、

ちゃんと、セ○ムしてます。


防犯だけは、家に似合わず、ハイテクな感じでした。




そして成長したなと言えば、このシーン

なんと切り立った石の上に、夏(ナツ)が登っているではありませんか、
その姿はなかなかかっこいいのでは。

OKシーン



そして、その雄姿を取るために結構苦労しました。

そのNGシーンは結構ありますが、その一つです。
NGシーン


背後から知らない手が手、知らない手がー
って心霊写真ではなく、ユウの手でした。

やらせではありませんよ。

ただ夏(ナツ)が登りたがっているのに協力をしただけなんです。


なお、撮影者はフミです。


2時間くらいで回ってため、かなり駆け足でめぐった感はありましたが、
3時間もあればゆっくり1周できたかたのではないかと思いつつ、

駐車場も無料でしたので、かなりよかったです。

きっと季節によってぜんぜん違う風景が見られると思うので、また来たいなと思いました。


駐車場無料なので。(←やっぱりそこかい)

はるきちさん、ありがとうございました。




世の中無料ほど怖いものはないんやでと思われている方は、
ぽちっとご協力いただけると助かります。

また、夏(ナツ)を捕まえている手の写真が心霊写真だと信じて疑わない方もできれば
ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


ありがとうございました。




スポンサーサイト

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

タグ : 柴犬

有馬富士公園にGO!

のほほん*Diaryのはるきちさんが以前紹介されていた
有馬富士公園にユウとフミも行ってきましたー



当初、紅葉が見たいねとフミと話していたところ
フミに「紅葉を見に行くならどこがいい?」と尋ねたら

「箕面がいい」と答えたので、ユウも箕面の滝を見ながら、紅葉を楽しむ、実にいいじゃないかと思っていたのですが、

よくよく考えてみると「お猿さんがいるではないですかー」、そう箕面はお猿さんでも有名な場所なのです、しかも気づいたのは、出発する直前です。


犬と猿と言えば、当然、犬猿の仲です。


そんなお猿さん軍団がたむろしている場所に、夏(ナツ)を連れていくのは危険ではないかと思ったので、当然フミの提案を却下してみたのだが、

それでもフミは諦めきれないみたく「お出かけ用のペット用のカバンに夏(ナツ)を入れておけば大丈夫」と主張。

危険な場所かもしれないところに挑もうとする、この人はまさにチャレンジャーです。


そこで、ユウは「お猿さんがかばんごと夏(ナツ)を持って行ったら、どうするの?」
と説明したところで、どうやら具体的に想像できたみたいで、笑いながら、やっと諦めてくれました。

さらわれるのはご勘弁。





そんな訳で、近場で紅葉を見ることができる場所はないかと考えたら、、
以前のほほん*Diaryのはるきちさんが紹介されていた有馬富士公園で、紅葉の写真を撮っていたことを思い出し、ユウとフミと夏(ナツ)で行くこととなりました。




有馬富士公園に無事到着です。

せっかくなので、夏(ナツ)には嘘の情報を与えてみました。



夏(ナツ)さん、ここには鬼が住むといわれている鬼ヶ富士 (←うそです)があるそうですよ。

さらに、鬼によってさらわれた子供たちがいっぱいいるそうな。
怖いですねー、夏(ナツ)

有馬富士公園



あれが、遠目からみた鬼ヶ富士です。
鬼の角のようにも見えますよ、夏(ナツ)
実に恐ろしー。

鬼ヶ富士



そして、恐る恐る、鬼ヶ富士へと続くおにのこ橋を渡り

おにのこ橋



ついに到着しました。鬼ヶ富士

うわさ通り、たくさんの子供たちが集められていました。
これが証拠写真です。

記念写真
(はるきちさんとさくらちゃんのように、鬼ヶ富士で記念写真をとってみたりしました。)

確かに、子どもたちがいっぱいいました。

夏(ナツ)、うわさは本当だったのです。


実は公園なのです。



そうですね、公園なので、親子連れもいっぱいいるよね。いいところに気付きました。

ヨシヨシ。






ということで
今日は限界ですので、次回に続きます。


最後まで騙された?夏(ナツ)が、今後まっすぐ育っていけるように

ぽちっとご協力いただけると助かります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


ありがとうございます。







テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

タグ : 柴犬

よく物にとどめを刺してして壊してしまう人がいますが、それは私です。

今回は夏(ナツ)の破壊活動について報告します。


まず、被害者第1号は元コーギー君です

コーギー君

鼻毛はでていますが、いい子です。

もともと彼は夏(ナツ)のお友達という設定でこの家に来たのだが、
一匹狼を目指している夏(ナツ)に近寄ったばかりに

元コーギー君


鼻毛の横の部分が破け、あいた口が塞がらなくなってます。

このような目に遭わされるとは、
文字通りボロボロにされてしまいました。


次に器物破損についてです。
もともと夏(ナツ)がゆっくり休めるように購入したベッドなのだが、


安眠中



敏感肌の夏(ナツ)にはどうも合わなかったようです。

夏(ナツ)の破壊した箇所


ベッドが破壊され中の綿まで出されてしまいました。


しかしこの綿がやっかいで飼い主として非常に気になります。

先週、ユウが不在の時でしたが、夏(ナツ)がフミの日焼け止めの容器をかじって、日焼け止めクリームを舐めてしまったのです。

その後あげたフードも何回も吐いてしまったみたいで一時大変なことになってしまっていたのです。

もちろんフミがそれに気づきすぐに動物病院につれていき、
とりあえず、先生に事情を説明し、胃薬をもらってきて一件落着したのですが、

もし、この綿を夏(ナツ)が食べたらどうなるのだろうとユウは不安になりました。

夏(ナツ)の体内にずっと留まったりしないかということが気になり、

ついに

やっちゃいました。

ぺしゃんこ


とりあえず、全部綿を抜きました。


まるで、空気の抜けた浮き輪かのようです。


しかも結構綿が詰まっていました。

わたが集まりました


夏(ナツ)、新しいベッドをしばらくしたら買ってあげるので、しばらく我慢してね。


やさしい飼い主でよかったね。夏(ナツ)


ユウはこれで安心してふかふかのベッドで寝ることができました。(←自分だけ?)






そして今日も夏(ナツ)は破壊活動にいそしむのでした。


破壊活動者


夏の破壊活動にご協力いただける方はぽちっとお願いします。


いやいや、ベッドを買うのが
先でしょと思う方もできればぽちっとお願いします。








テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

タグ : 柴犬

しつけ教室2回目、天狗の鼻は伸びる前に叩かなくては

始りました第2回目のしつけ教室

以前の夏(ナツ)の暴れっぷりに思わず、すっかりげんなり気味だったユウとフミでしたが、

その続きはというと

前回しつけ教室に精神的な疲れを覚えていたユウだったので、
車の運転はユウがして、しつけ教室の現地までは送るので、しつけ教室にはフミと夏(ナツ)だけでいったらどうかとフミ提案してみたところ、


「私一人で、しつけ教室のあの雰囲気に耐えろと言うの!」との回答をいただいたので、
ユウもしつけ教室に積極的に参加させてもらいました。


フミも同じことを感じていたのね。




まずは、乙女のたしなみですね。爪切り

乙女のたしなみ


きれいにしましょう。



第2週目はコマンドの練習です

前回同様
イタリアングレーハウンド君♂
ミニチュアダックス君♂
トイプードル君♂
という仲間たちです。


とりあえず、前のしつけ教室内容とあまり変わらず、夏(ナツ)だけ元気いっぱいという感じでした。


最後はトレーナーさんの手を出血させる始末。(>_<)
すいませんでした。トレーナーさん


前回の
「オスワリ」

「フセ」の復習

と新たに「オフ」のコマンドの練習です。

コマンドトレーニングの基本として、飼い主がコマンドを言えば、ワンちゃんも1回でできるようになる必要があります。


「オスワリ、オスワリ」と何度も繰り替えすのはあまり良くないみたいで、しだいにワンちゃんが「何回か呼ばれたら行けばいいや」という感じるので、とりあえず、1回でできるように練習しなければいけないみたいですね。


ユウもフミも、夏(ナツ)には何度も繰り返していたので、勉強になりました。


「オフ」というのは、
ワンちゃんに口に入れて欲しくないものを食べないようにするコマンドです。


1.練習方法は、何度か「イイヨ」と言って、手からフードを与えておいて


2.「オフ」と言って、手を閉じてフードを取られないようにします。


3.ワンちゃんがあきらめる。


4.「イイヨ」と言って、フードをあげる。

わんちゃんはオフと聞いても、最後はごほうびがもらえることを知っているので、とりあえず、我慢することができるという流れです。


90%のワンちゃんはできましたねとトレーナーの方が軽く言われていたので、

ユウとフミも夏(ナツ)ができなかったらどうしようと思いましたが、

実際にやってみると
以外とうまく夏(ナツ)はやれました。

トレーナーさんにもちゃっかり

「夏(ナツ)、オフはうまいね!」
褒めていただきました。(本意はわかりませんが、とりあえず褒められたということにしておきます。)



さすが、食い物系については学習能力が高い夏(ナツ)さん。


結構、ご飯のときに、「マッテ」をかなり長期間、長時間練習していたからかなー

えさだよ



最後はちょっとだけお褒めのお言葉(?)をトレーナーさんより頂きましたので、

前回よりもちょっとだけ満足できました。

夏(ナツ)もよくやりました。


とりあえず、反省会として前回と同じ、ペット同伴可能な喫茶店に行きました。

天狗の鼻はべきっと折ります。


今日はうまくできたでしょ


と調子に乗って、鼻が伸びていた夏(ナツ)でした。



ちなみに、このしつけ教室に臨む前に、いつもの倍の距離を散歩させて
しつけ教室ではおとなしくしてもらおうと思っていましたが、

夏(ナツ)の暴れっぷりは変わらずでした。


恐るべし夏(ナツ)の底力!


拷問よ。


夏(ナツ)参った?

歩け、へとへとになるまで歩くのだ


夏(ナツ)参ったといいなさい。

過酷な挑戦


夏(ナツ)最後のチャンス、参ったといいませんか?


ユウに「参りました。」と言わせた夏(ナツ)にぽちっとご褒美をお願いします。




結局、ユウが散歩で疲れ果てて、しつけ教室ではかなりうとうとしていました。





テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

タグ : 柴犬

ユウの実験

フミの実験に対抗して、ユウも夏(ナツ)のトイレトレーニング大作戦を実施しました。

わが家における通常のトイレトレーニングは基本的に待ちの姿勢です。
夏(ナツ)がしてくれるまで、とりあえず待ちます。


夏(ナツ)は餌をあげた後に、うんちやおしっこをする確率が高いので
一度夏(ナツ)がトイレをするまで、このトイレの場所のすぐそばで、約1時間半程リードをもっ
たまま突っ立っていた時もあった。(←それでもしてくれませんでした。(>_<))

しかしユウも暇を持て余しているわけではないので


この間、いろいろ勉強し、対抗策を練りました。

ユウのとった作戦は、大は小を兼ねる作戦です。


夏(ナツ)が指定の場所にトイレしてくれないのであれば、指定の場所のまわりにシーツを広
げていき、慣れてきたらシーツの範囲を少なくしていくという作戦である。

かっこよく言うなら、逆転の発想である。



最終的にはして欲しいトイレは

的



これなのだが、それはいずれできればよしとしよう。




とりあえず、シーツを並べてみた。


大は小を兼ねる



当社比約12倍、これだけひけば、いくら夏(ナツ)だって、このシーツの上にしてくれるはず、

そんな淡い希望のもとこの作戦は実行されたのだが、この作戦そのものに致命的欠陥がある

とは、この時思いもしなかった。



その欠陥とは
夏(ナツ)がシーツをびりびりに破いてしまうのだ、
トイレシーツの上しか移動できないようしたのだが、退屈になったのか、シーツを破いてします。

とりあえず、おもちゃを投入するも、おもちゃには興味もくれず、シーツを破きます。


圧倒的な攻撃力



最後は、夏(ナツ)がオフェンス(シーツを破る側)、ユウがディフェンス(シーツを守る側)となり、前回の夏(ナツ)VSユウの戦い を思わせる戦いが始まった。


しかし、トイレシーツの範囲が当社比12倍ということは、夏(ナツ)から守らなければいけない範囲も12倍となる。


これは、こっちを防げば、あっちがやられ、あっちを守れば、こっちがやられている。


そして、夏(ナツ)がひたすらシーツやぶりに興味が移った状態で、トイレをするはずもなく
この作戦は失敗した。



当然、ユウもこの勝負に破れたかのように見えたが、



このあと、シーツを片付けましたので、この勝負は引き分けです。(←負けず嫌い)



しかし、この作戦自体は悪くないのだ。
対抗策として、シーツを破ったり移動できないようにトイレのケースを購入して、シーツを守ることも可能なのだが、トイレシーツのケースを12個も購入するとなるとそれだけで、我が家の家計における、うんゲル係数が急上昇するのは間違いない。


へたをするとトイレにかかる費用だけで家計が火の車になってしまいますー。





こうして、ユウの野望ははかなくも(わずか10分)で、夏(ナツ)の攻撃にあい、お金という現実問題に押しつぶされたのだった。


夏との勝負には負けていないが、このままではやばい?
そんなユウに勇気をわけてくれたらぽちっと分けてくれたらうれしかです。






テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

タグ : 柴犬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。