スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行2 

タワーブリッジ

 以外に交通量が多く、橋を往復するだけでも、かなり疲れました。


IMG_1240.jpg




IMG_1242.jpg



IMG_1243.jpg


ダブルデッカー(2階建てバス)

これは、日本では通常のバスで2階建てというのは、ほとんど見ることができないので、珍しいと思います。


IMG_1277.jpg





IMG_1246.jpg


 ちゃっかり、ユウとフミも2階の最前列に乗りました。


しかし、バスを止めるボタンらしきものが後ろの方に1個か2個ぐらいしか、見当たらない!


しかも、2階の方が揺れが激しく、走行中にボタンなど押せるわけもなく、1階に乗っていればと後悔することになりました。




トラファルガー広場にて記念撮影 

基本的に観光客しか来ない場所みたいで、外国の方がいっぱいおられました。


IMG_1254.jpg



 百獣の王の背中に乗っています。

 最初は、全然乗る気はなかったのだが、旅行客がなにげに乗りまくっているので、みんながやっているならと、ユウも挑戦。



しかし、この百獣の王の背中が滑る、滑る。
結局、ユウは助走をつけて、ジャンプしてなんとか乗ることができました。


 ちなみに、地球の歩き方(ロンドン)にも、観光客がライオン像に乗っている写真は掲載されていました。

なんか、予想通りの観光客の行動をとってしまった、自分が恥ずかしー。




 


とロンドン市内の観光地を巡っている間は、よかったのだが、旅行が進むにつれて、使えるお金がほとんどないことに気づく。

 ちなみに、最終日前日に持っていたお金は日本円で、ユウ 約500円、フミ約1,000円というような状態でした。

 今の子供でも、もっとおこづかいがあるよーと思ってしまう。



 最終日もあるので、若干の残しておかないといけないので、(←ほとんどないけど)、
最終日前日の晩御飯は寿司3個でした。
 
ユウは寿司を食べながら「このままでは飢え死する。」と思いました。


本当に思いました。


まさか観光に来て、ここまで飢餓感を感じたのは初めてなので。



 恐るべし、ユーロ高、ポンド高!



 新婚旅行が、ユウとフミの将来の縮図だとしたら、将来はとんでもないことになりそうです。



「フミの考えなしの無自覚決定により、将来飢え死」そんな可能性を感じた瞬間です。



当然、ユウもフミの意見に反対しなかったので、文句は言えないのですが。



しかし、そんな将来になってはいかんと
旅行前より、しっかりしなければ自覚することができたので、よかったかな。



最後だけがぐだぐだな展開になっただけで、イギリスはいいとこですよ、みなさん。



夏(ナツ)とは、この新婚旅行から帰ってから、出会うことになるんだねえ。

IMG_11030.jpg



こんなにちっちゃかったのか。

スポンサーサイト

テーマ : イギリス旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 旅行

イギリス旅行

ユウとフミの二人のことはあまり書いていなかったので、いい機会なので、新婚旅行について書きます。




フミの提案(←大英博物館を見たいという理由だけ)で、新婚旅行でイギリス、ロンドンに行ってきました。



しかし、ユウは新婚旅行先がイギリスということに対して乗り気ではなかった。



ちょうどこの頃は、ユーロ高、ポンド高が話題になっていた頃で



地下鉄の初乗りが日本円で換算すると約1000円というようなことになっていた状況だけに、金銭面に影響してこないかと思っていたからである。




もちろん、新婚旅行で、最初からお金、お金というようなこともフミに対して言いたくはなかったのだが、この不安は、あとあと的中することになってしまった。

このことはまた次回に書きます。







まず、ロンドン市内の観光名所を巡ってきました。


日本は残暑厳しく、暑くて暑くてしかたなかった時期に、平均気温が20℃くらいのイギリスに避暑地的に行けたことは実によかったです。


ビッグベン
有名な時計で、ただ、その完成度はすごかった。

ちなみに、建物のほうは国会議事堂です。

ビッグベン





「さあ、その美しい鐘の音を聞かせてくれ!」とと思っていたのだが、残念ながら、新婚旅行に行っていた期間は、ビッグベンの修理中であったため、鐘の音は結局聞けずじまい。




こういうタイミングが悪いということは、なんかすっかり慣れました。
(本当は15分ごとに4つの小さい鐘がなり、1時間ごとに大きい鐘がなるみたいですよ。)


バッキンガム宮殿での衛兵交替式

普段は車が走っている道路で、衛兵が行進しています。
衛兵が交替するためだけに、車の通行を一時ストップしてまでこの衛兵交替式が行われるのだけに、一見の価値はありです。



 観光客の数はものすごく多いです。



 
IMG_1138.jpg



IMG_1139.jpg



IMG_1136.jpg






 今日はこのくらいが限界ですので、また次に書きます。

テーマ : イギリス旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。