スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の中でのご遊戯タイムは、いかがなものか。

我が家にて夏(ナツ)が入ってはいけない場所がある。

それは台所でもお風呂場でもなく

それは和室!

本来、柴犬である夏(ナツ)にとっては、和室こそ一番似合うはずの場所なのだが、
某フミさんにより、和室への立ち入りは固く禁止されている。

きっと「しばわんこの和のこころ」みたいな感じでよく似合うはず(一度本を見てみたいのですが)



フミは極端な潔癖症というわけではないのだが、汚れてもいい場所、よくない場所との認識がはっきりしているみたいで、汚したくない場所に、夏(ナツ)が侵入されると嫌なようだ。

境界線


夏(ナツ)も何度も挑戦し、そのたびにしかられたため、このように境界線がどこにあるか、ある程度わかったみたいなんですが、、、、、、




隙あらば侵入したいようで、その様子は

そう、まるでこれは、フミと夏(ナツ)との「だるまさんが転んだ」勝負




フミがよそ見をしている間(だるまさんが転んだを言い終わった後)に

だーるーまさーんがこーろんだ



チャンスとばかりに、夏(ナツ)が和室へと侵入を試みますが、

だーるまさんがころんだ


フミが何かに気づいて振り向くと

行こうと思った夏(ナツ)が、おっとっとと硬直し、

動いてないです。



まるで、フミの「だるまさんが転んだ」のセリフが速すぎて、
まったく動ける隙がなく、固まるしかなかったような状態。



しかし、夏(ナツ)の無謀な挑戦はほとんどは失敗し

失敗した場合


あえなく、逮捕されてしまいます。





しかし、何やら、また別の作戦を考えているみたいですので、

夏(ナツ)さんにちょっとお伺いしてみましょう。


「夏(ナツ)さん、今度はどんな方法で侵入するんですか?」

リベンジ


穴を掘ってリベンジ




2人


仲がいい二人なんだか、どうなんだか

というか、ユウよりも進入禁止をやたら主張するフミに夏(ナツ)が懐いているというのがやっぱり納得できません。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ



スポンサーサイト

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

我が家は、文旦バブルを迎えております。

フミ実家より文旦(ブンタン)が送られて来ましたー。
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

いきなり取り乱したりして、すいません。

文旦というのは、平たく言うとはっさくとかグレープフルーツのような柑橘系の果物なのですが、これが、今旬の時期を迎えていて大変おいしいんです。

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!


ユウも昨年初めてその味を知りました。


昨年はフミ家実家からお試し用で4個か5個ぐらい送ってきてもらったんですが
ユウが非常に気に入って、今年もフミ家に軽くお願いしてみたところ、



今年はとうとう箱ごと送ってもらいましたー。
だいたい20個以上あるので、これは食べきれるわけがないと思っていましたが、
今月中にはおそらく無くなりそうな勢いです。

文旦



どのくらいおいしいかというと

ユウ的に好きな果物ベスト3の中で2位に突然ランクインしてきました。
(もっと、酸味と甘さがハーモニーがとかと説明できればいいんですが)

1.スイカ(野菜なんて言わないでね。)
2.文旦(Rank In!)
3.なし(無しじゃないよ。)
――――――――――――――――

4.いちご(悲しいけど、Rank Down)


というように、ランキングが大きく変動しました。


スイカが1位というのも珍しいかもしれないですが、それはユウもわかっています。(>_<)

夏はすいか丸ごと1個とか平気で購入したりするので、これは譲れないところです。





しかし、そんな文旦にも大きな欠点があります。

それは、夏(ナツ)受けが非常に悪いということです。


わんちゃんは柑橘類の臭いが苦手なので、当然、文旦を食べたユウの手が嫌いらしく、

ユウが文旦を食べている時は近づいても来ません。



むしろこのまま文旦を食べ続ければ、

ユウの手=柑橘系
柑橘系=嫌い

ユウの手=嫌い という式が成り立ちかねません。

そのせいか、最近、夏(ナツ)が、どうもフミ派に傾いている雰囲気をなんとなく感じます。


それは抱っこしたときの顔にも露骨に表れているのです。

フミの場合

やすらぎ

抱っこされながら、寝ています。


ユウの場合
不満顔

(フミが言うには、いつだって嫌そうな顔をしているとのこと)


奇しくも、フミ実家の差し入れにより、夏(ナツ)がフミ派へと傾くことに勢いがついたのは
間違いないのだが、はたして偶然だったと言えるのだろうか。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

六甲アイランドのドッグランに行ってまいりました。

久し振りのブログ更新です。

柄にもなく、ほぼ毎日更新にチャレンジしてみましたが、完全に燃え尽きてしまいました。
(^o^)

そして一度書きそびれると、ここまでずるずると更新ができないなんて。

奥が深いです。ブログというものは!


そして、とうとうフミから最後通告が突き付けられました。

夏(ナツ)のブログ、やる気あるの

果ては、「ブログ担当、首にするぞ」とまで。
(もちろんユウがやらなったからといって、代わりにフミがするわけでもないのですが。)

そういう訳で、久しぶりに更新してみました。(←決して嫌々ではないですよ)
そろそろ再開したいなと思っていたので。


でもブログは更新してませんでしたが、毎週のように、夏(ナツ)と一緒にお出かけはしていました。



先週の休日にはユウ、フミ、夏(ナツ)の一行は、六甲アイランドのドッグランに行ってきました。

フミの「六甲アイランドに無料ドッグランがあって今度行ってみよう!」という提案を受け、

行くことになったのですが、いろいろ検索などして探してみるも、正確な場所がわからない!


というのも、無料でボランティアさんのご厚意でドッグランとして開放されているみたいなので、大々的には宣伝とかしていないみたいですね。

ユウもいろんなブログから断片情報を集め、行ってきました。


六甲アイランドのドッグラン


迷わなくてよかったですわ。




時間が経つにつれて、いっぱいわんちゃんが来ましたよー。(^o^)


「ドッグランで遊んだ後は、散歩は省略しても可」ということを、かたくなに信じているユウなので、この近所に住んでみたいなと思いました。


そもそもそんなルールはユウの勝手に作ったものですが、これを言い訳に散歩に行かない日は、結構多かったりします。




夏(ナツ)は、他のわんちゃんに、基本的に追われるのが苦手な子ですが、他のわんちゃんとも仲良くやれたようです。


そして突然、夏(ナツ)がベンチの下に隠れてしまったので、ユウは不思議に思いました。

地震です。


ドッグラン内を元気に走り回るのが好きな夏(ナツ)が、わざわざベンチの下に行くなんて考えられないからです。


夏(ナツ)にしか感じ取れない地震のような揺れがあったのでしょう。
というかそれしか考えられません。

動物の方が、そういう感覚は鋭いとよく言われますので。


ユウもそういう大きな揺れがあれば、とりあえずテーブルの下に隠れなきゃとまず思ってしまうので、後々考えても、この夏(ナツ)の選択は非常に正しいものだったと思います。

君も早くおいでよ


そして、夏(ナツ)は優しいので自分だけでなく、他のわんちゃんにも隠れるように言うのですが、

どうも、わんちゃんが吠えるたびに、夏(ナツ)だけが敏感に感じる揺れが激しくなるみたいです。

避難完了


とりあえず、揺れがおさまったのか、夏(ナツ)もやれやれという感じで出てきました。


やれやれ



飼い主として、夏(ナツ)が自分だけでなく、他のわんちゃんにまで心遣いができるようになってくれて、うれしく思います。


なぜか夏(ナツ)の直下にしか揺れは発生していませんでしたが、揺れの範囲が非常に狭くてとりあえずよかったです。



ユウもブログが久し振りすぎて、いろいろ事実を勘違いしているとかあるかもしれませんが、気にしないで流してくださいね。




フミにも夏(ナツ)にだけ感じる揺れのことを話してみましたが、フミにはユウとは違う意見だったみたいで

夏(ナツ)のことを、「このヘタレーヌ」と言っていました。


ユウ「???????」


いいところでした

なぜ、夏(ナツ)が「ヘタレーヌ」とフランス語っぽいあだ名で呼ばれなければならないかは

わかりませんが、夏(ナツ)のこんな笑顔が見られたので、いい1日だったに違いありません。





こんな勘違い管理人がやっているブログですが、応援のぽちをいただけるとうれしかとです。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ




テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

さくらちゃんカレンダーが届きました。

夜の散歩は危険がつきものなので、こんなものを購入してみました。






実際には、このピカピカが客観時にどう見えるのかが知りたかったのですが、

なんか、微妙ですねー。

目立つわけでもなく、ただ不気味に光っているだけのような。

散歩中、よく笑われることがあるなあと思ったら、原因はこれだ!






さて、話は変わって

ブログ開始時からお世話になっている
はるきちさんのほほん*Diaryにて、


夏(ナツ)の先輩犬 さくらちゃんのカレンダーが届きましたー!!!

キタ――(゚∀゚)――!!

4~6月



ちなみに、さくらちゃんは、
サティー(スーパーじゃないよ。)というフォトショコラを作っている会社さんがあるのですが、

その商品の中にDOGsという商品があって、

フォトショコラに使用する写真を一般公募しているのですが、

その中から、なんと、さくらちゃんの写真が選ばれたんです。



えっへん。(ユウが自慢してもしょうがいないですが)


夏(ナツ)と同じブリーダーさんのところの先輩わんちゃんなので、ユウもうれしいです。



もらったカレンダーもすごいいいできでした。

はるきちさんお手製なんですが、ユウにはとても無理そうです。(>_<)




そして、はるきちさんセレクトの

夏っちゃんシール2

夏っちゃんシール第2弾まで、送ってもらいました。

ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォ―!!


節分では鬼のお面を見事に着こなしていたさくらちゃんに対抗し


夏(ナツ)も対抗してみました。

お面装着!(うそです、クッションを顔の前に持って行っただけなんです。)

夏(ナツ)もお面をつけました。


なんかに似ているんですが、

やめてよ。




カレンダーを送って頂いたはるきちさん、
ありがとうございました。







ぽちっとご協力いただけると助かります。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ


テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

飼い主の大きな勘違い!

前回の宝塚のドッグラン、雨の中走り回り、泥んこになった

夏(ナツ)には当然帰ったら地獄のシャワーが待っている。



泥だらけ



しかし、最近は特に

シャワーに震えることも、

ドライヤーに震えることがないので、

比較的余裕をもって夏(ナツ)のシャワーを終えています。



ただ油断をするとこのように脱走しようとしようします。

脱走


ただ、うちのお風呂はプリズンブレイクのフォックスリバー州立刑務所なみの
警備を誇っているので、夏(ナツ)の脱走を絶対に許しません。




飼い主であるユウが思うのもなんなんですが、

夏(ナツ)の毛は、結構、フサフサのモコモコで、非常に触り心地がいいのである。


特に、今までブラッシングに気を使ったわけでもなく

トリマーなど一度もしたことがありません。


むしろ、夏(ナツ)の親犬の元也号から受け継いだのかなと勝手に思っていました。



しかし、その理由に、ユウはとうとう気がついてしまったのです。

そして、今までシャンプーをした回数は過去5回程度

そのたびにユウはシャンプーの泡立ちの悪さに苛立っていました。


「子犬用だからって、泡立ち悪いなー」と毎回悪態をついていたのだが、

シャンプー?


この日とうとう気づきました。
ある重要なことに
そんな大事なことほど、目の前に書いてあるのに、
意外と見落としがちなのである


リンスです。



「これ、リンスやーん!」




そう気づき、大声でフミを呼んで、これがリンスって知っていたか否か聞いてみました。

フミ
「知らなかったわ。」


ちなみにフミも
夏(ナツ)にシャンプーしたことがあるはずなのだが気づかなかったようだ、、、、(天然だ!)


しかもこのリンス、たった5回の使用でもうなくなりかけているので、

いかに毎回大量に消費してきたのを物語っていた。




道理で、夏(ナツ)がふわふわなんやと納得できた ユウとフミなのでした。




ユウさんとフミさんが、毎日お風呂に入ってシャンプーをする時、泡立ちが悪かったら、すぐにリンスかコンディショナーと気づくはずでしょ!
はっきりモノ申す



ユウ
「夏(ナツ)さんの言うことは、ごもっともなご意見です。」




天然飼い主の被害にあった夏がかわいそうと思われた方は
夏(ナツ)の言い分を聞いてあげてください。


夏(ナツ)「同情するなら、ぽちっとをくれ!BY家なき子」

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ


テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

宝塚のドッグランに行ってきたのだ。その2

夏(ナツ)の夜散歩担当がユウなのですが、

散歩中、夏(ナツ)が無灯火の自転車に轢かれそうになり
夜の散歩は、本当に危険だなと思ったりした最近のユウです。

人は見えても、犬は見えにくいみたいですね。

(すでに対策グッズは購入しましたので、ご安心を)



前回の続きですね。

この日ドッグランでお出迎えしてくれたのは、
ひとりで遊んでいる不憫な夏(ナツ)に同情し、

施設の人が気を使ってくれたのか?

ひとりで大丈夫


ガーデンフィールズで飼っている
ニュージーランドハンタウェイのカイ君です。

カイ君


ほかにワンちゃんもいなかったので、カイ君が入ってきてくれて

夏(ナツ)も一緒に遊べて楽しかったに違いないはずなんですが、
夏(ナツ)は大型犬が苦手なご様子。

興味津津


苦手なんだけども、興味はあるみたいなんですが


過剰反応


相手がちょっと振り返っただけで、過剰反応してしまいますねー。

夏(ナツ)、過剰反応してるけど、あんま相手されてないから。



さらにさらに、途中でフミがドッグランの外にいた
柴犬の飼い主さんに声をかけてもらえたらしく


ユウも近づいてみると

柴犬アトムの成長日記のアトム君がなんと観客として見ていました。 凛々しいですよ。

アトム君


すごい落ち着いていて、はしゃぎまわっていた夏(ナツ)とはえらい違いですが。(^_^)



夏(ナツ)もアトムママさんにいっぱい写真撮ってもらいましたよ。


そういう意味では
ロケ地 ドッグラン
グラビア 夏(ナツ)

という立派な撮影会になったのかな。

タイトル



最後は遊び疲れたのか

乙女とは思えないあぐら座りを披露してくれました。


もう疲れたワイ。




当然、このあと泥だらけになった夏(ナツ)をシャンプーすることになったんですが、

また、次回に続きますね。

体汚れアイドルとして、撮影してもらった夏(ナツ)に応援にぽちっとしていただけると助かります。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

宝塚のドッグランに行ってきたのだ。その1

先日ユウとフミ、夏(ナツ)とで、宝塚ガーデンフィールズにやって参りました。


残念ながら、この日もあいにく、曇り時々雨という天気でした。

なぜか、ドッグランに行く日は雨が多いので、フミが雨女としか思えてしかたがない、

最近のユウです。



宝塚ガーデンフィールズには、これまでにも、何度か行ったことがあるのですが、
いつもわんちゃんが、10~20匹ぐらいいるのが当たり前で
ある意味戦場のような場所なのですが、


この日は、定休日?

宝塚




いえいえ、営業中だったのだが、雨が降っていた(小雨ぐらい)ために、まったく人やわんちゃんがいなかったというわけなんです。


普通は、雨が降っていたり、地面はぬかるんでいたら、
わんちゃんが風邪ひいたり、泥だらけになってしまいますので、わざわざドッグランで遊ばせようとは思わないでしょう。


普通は、そうなんです。普通は。

雨の跡


こんなに、雨水が溜まっているし。



しかし、そんな地面がぬかるんでいることや、泥だらけになるということが、


特にすることがなくて、なんとなく宝塚のドッグランに行くこととなったユウにとって障害となるだろうか、いやならない。(←他に行くとこ考えるのもめんどくさいのです。)


そしてフミにとってもまったく障害にならないのだ!

遊んだ後、夏(ナツ)の体をふくわけでも、
家に帰ったあとも夏(ナツ)にシャワーさせることがないので。



まあ、ユウは車が汚されたり、夏(ナツ)をシャワーを毎度毎度するの、若干嫌なんですが・・・・・・


過去に雨や雪が降っている中、ドッグランで遊び慣れている夏(ナツ)も、
むしろ泥だらけになることに喜びを感じているはずである。

泥パック


このように美の意識に目覚めているに違いない。




そんなわけで、2人と1匹の希望が重なった?ことにより、ドッグランで遊ぶこととなりました。



普段はドッグランだと、夏のそばをついてまわり、他のわんちゃんに何かしないかと、ひやひやしているんですが、


この日、この時ばかりは、他にお客さんもいないので、
ユウとフミはドッグランに夏(ナツ)を放流し、

しばらくはドッグラン内で様子見(放置)していました。
(もちろんおしっこ、うんちゃんの処理はしてますよ。)

ただいま、疾走中


もとい放置プレイ中

誰にも止められないわ。


そんな飼い主の心情を察知したのか、夏(ナツ)もひたすら
ドッグラン内の広さを余すとこなく活用し、しばらく走りまわっていました。



放置プレイ


そして戻って来たときには、この笑顔になっておりました。


あんまり一人遊びが上手くなっていたり、
飼い主の放置プレイに対しても喜んでいるとなると

飼い主としてちょっと、なんだかなと思ってしまいますが、


これだけ自由に走り回る機会もないので、夏(ナツ)はきっと満足していたと思います。







このあと、雨が止んだおかげで、ドッグランでわんちゃんと
出会えましたが、

今日はこのあたりで、次回に続きます。(すいません。)


普通の泥が、お肌にいいと勘違いしている、夏(ナツ)にぽちっと現実を教えていただけると助かります。

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

節分の日はやっぱりアレを丸かじりするのが一番なのだ。

今日は節分ということで、
関西では、結構有名なイベントだと思うんですが、

節分の夜に「恵方(今年は南南東)を向いて巻き寿司を丸かぶりすると、無病息災、幸運が訪れる」というものなんですが、

食べるのにもルールがあって、
目を閉じ、願い事を思い浮かべながら。一気に食べ切る(←太巻きなのに)、
食べている間は、終始無言で

というものなんです。(普通は太巻きを食べながらでは喋れませんけどね)


それを今日、ちゃっかりこなしてみようと思いましたが、夏(ナツ)に邪魔されたこともあり、一気食いはさすがにできませんでした。(>_<)


襲撃してくる奴




それで、夏(ナツ)に邪魔されてちょっと怒っていたこともあり、
節分というイベントということもあったので、



「おまえの自慢の太巻きをかじりついてやるわー」と

しっぽが太巻きに見える。
(いい尻尾写真がなかったので別の日の写真になっております。)


夏(ナツ)の自慢のしっぽを太巻きに見立て、思わずかじりついてしまった
ごくごく最近のユウです。(ダメな大人です。)

噛む?普通



さて、この前の記事の続きになりますが。

IMG_2677.jpg


そう前の記事の写真の日本列島ぽい写真は、伊丹市にある昆陽池公園(こやいけこうえん)なんです。

日本列島


実際にもっといい写真が、Wikipediaの昆陽池公園(こやいけこうえん)のページ
にあったので、よかったら見てくださいね。



昆陽池公園は、公園内の池に野鳥が来ることで有名で、その池の中に日本列島の形をした人工の島を作ったということなのです。

なんか、調べていくうちに、ヌートリアまでいるみたいですね。(知らなかった。)


公園に行った日は寒かったので、野鳥観察どころではありませんでしたので、

結局行ったのは、伊丹市昆虫館だけでした・・・・・・



皆さんにもこんな経験はないでしょうか


小さい頃、嫌いな食べ物が、大人になったら意外と食べられるというようなことが起こりうるように、

逆に小さい頃大丈夫だったものが、大人になったら、まったくダメというようなものがあると思うんです。

そうそれは、ユウにとって、「昆虫」かもしれないです・・・・


「ムシキング」とかのいい意味でデフォルメされているものならまだ大丈夫なのだが、実際のモノを見てしまうとなんかダメでした。(>_<)


「食べられる虫特集(有名なものなら、イナゴや蜂の子とか)」や、

「虫の標本アートをいっぱい貼り付けたもの)」等、

虫を使った特集が目白押しで

たぶん、ユウも子供時代なら楽しめたであろうものだったに違いないんですが、大人になるとこうまで駄目になるとは。


そんな中で、いくつか軽めのものを写真撮影してみました。

ですが、巨大蜂が襲ってくるなんて思いもしませんでした。(*^_^*)



蝶の住んでいるところ

館内には、植物園を思わせるような蝶がいっぱいいるところもありました。

ちょうちょ


ここは落ち着けました。ちょっと蒸し蒸ししてましたけど。(←ちょっとダジャレ)

巨大蜂に襲われる。

フミが襲われて、血を吸われていますよー。

ちなみにこの日は夏(ナツ)は、お留守番でした。


節分に、犬のしっぽにかじりついたらどんないいことが起こるのかと
ご利益を期待しているユウなんですが、応援をぽちっとしていただけいると助かります。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

疲れてシチューの話しかできないようじゃ、だめだよねー

今日はクリームシチューを作りましたー (^-^)
クリームシチュー最高だと信じてやまない、最近のユウです。


なぜ、そこまでシチューで喜んでいるかというと、
シチュー用のルウを使わず、ホワイトソースからシチューを作ってしまったからです。



つい最近まで、シチューは、シチュー用のルウでしか作れないと思っていました。(←マジです。)


そして、ユウはシチューもご飯にかけて食べるので、ほとんどカレーの別バージョンぐらいの意識しかありませんでした。



ところが、フミがちょっと前にホワイトソースからシチューを作るのを見て、
フミができるなら、ユウにもできるだろうとほとんど根拠のない自信を持ちながら、今日作ったところ、なかなかのできでしたー。

くりぃむしちゅー





さて、話は変わりますが、日本の中に、空から日本列島(ぽい)が見える場所が、ユウの家からちょっと離れたところにあります。


そこに行った記事を書きます!


IMG_2677.jpg












って言えたらよかったんだけど(´・ω・`)ガッカリ…





明日も仕事なので、この続きは次にしたいと思います。
申し訳ないです。(>_<)



しかも最近は、ホワイトカレーなるものまで登場しているので、シチューとカレーの境界線があいまいになってきていますが、ホワイトカレーは文字通り味はカレーなので、騙されないでください。



テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。