スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院で行われる意外な一面をここで暴露するのだ。

闇市 武庫之荘店←名前のイメージは悪いですが、おいしい焼肉を食べさせてもらえます。

焼き肉



個人的には、今一番お気に入りの焼肉屋さんですが、いつも順番待ちで、30~50分程度待たされてます。

そんな美味しい焼肉を食べるということで、夏(ナツ)のことはすっかり忘れて、闇市でフミと待ち合わせることに(←なんかとんでもないところで待ち合わせしているみたい)

久し振りということもあり、フミの研修の話などを一通り聞いた後

話題は夏(ナツ)の話題へと変わり、夏(ナツ)が3度目の注射を受けたことがあったことを話す。

この時、すでに夏(ナツ)は1週間前に動物病院で3度目のワクチンを打っており、フミが帰ってきた後ぐらいからお散歩ができる状態になったのだ。


家ではひたすら甘がみが激しい夏であるが、動物病院ではすっかりおとなしい。

お手上げ


 堪忍してー 


診察という名の下のセクハラ、パワハラが行われるからであろう。

先生がまず「体重を量りましょうね」と、仮にもレディである夏(ナツ)は持ち上げて体重計に乗せ、今の体重が公表される。
   
     女性にとって体重をばらされるのは恥ずかしいでしょう。
  


次に、体温を測るために肛門に体温計を突っ込まれる。

     これもみんなの目の前で、これが人間なら「お嫁に行けない!」と泣いてます。


体温計についたう○ちを顕微鏡で見られる。

     動物病院の先生のとんだ趣味の一面が......
     (↑ほんとは、細菌の活動が活発かどうか見ているそうです。誤解しないでね)
  

いよいよ、注射することになるが、先生がうまいのか、夏(ナツ)が鈍いだけなのか、特に夏(ナツ)が鳴き声をあげることもなく無事終了しました。



爪が伸びていたので、爪切りを動物病院の先生に行ってもらう。
     犬の爪はしばらく切らないでおくと、血管まで爪の先まで伸びてくるみたいで、
     爪切りをしていないといざ爪切りする際に血管も切ることになり、犬も痛い目を
     みてしまうので、継続的に爪切りを行うのがいいとおっしゃっていました。
     
     ちなみに夏(ナツ)は約1か月以上放置されていたので、この日は人間でいう深爪
     くらいの痛さを何回も味わうことに。
     その際の先生のドSぶりを発揮、夏(ナツ)が泣こうがわめこうが、20本すべて爪切
     りをおこなう。

 

そんな理由で、夏(ナツ)は動物病院が苦手なのでしょう。

いつも診察台の上で
プルプル震えています。
  


というようなことをフミに話終え、ようやく、夏(ナツ)はフミと再開することになったのでした。

 
IMG_1402.jpg


IMG_1401.jpg


めでたし、めでたし。




一言言わせて


待たせすぎーですよ。お二人とも


焼肉終了待ちで長時間お留守番することになった夏(ナツ)にぜひワンクリックをお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。