スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初対面 勝負の結果は引き分けが一番終わり方だよ、きっと

記念すべき夏(ナツ)との初対面
とうとう、長年の目標であった、柴犬を飼うために、兵庫県明石市にある柴犬専用のブリーダー宅を訪れました。


夏(ナツ)との初対面
IMG_11030_20071004001423.jpg


ちょっと困った顔が印象的なかわいい子でした。


もともと、犬を飼うと言い出したのはフミであり、飼う犬も柴犬限定でという、
ユウの意見は買わないという選択肢も、好きな犬の種類を選ぶこともありませんでした。


柴犬ってどうよと思っていたのですが
実際に子犬を見てしまうと、だめです。
ユウも即座に飼い決定しました。


フミも「かわいい」を連発。
最初から飼うこと前提で見学しに行って、実物を見て「やっぱりやめとこ」となる訳はなく、蟻地獄に吸い込まれるフミのイメージが目に浮かびます。




ひと段落したところで、ユウとフミの間で勝負することになりました。
勝負内容は、「ユウとフミのどちらに初対面でどちらに懐くか勝負!」




まず最初にフミが夏(ナツ)(当時はまだ名前すらつけていなかった。)を
抱えてみる。

IMG_1102.jpg


なにげに、カメラ目線で初対面な二人にしては、少し困った顔でありながらもリラックスしているようにも見える。



IMG_1104.jpg

調子に乗って、指でいじりたおしています。



今度はいよいよユウの番となり、とりあえず初対面の記念して写真撮影。

IMG_1106.jpg

IMG_1107.jpg


なんか。困った顔を通り越して、嫌そー!「そっぽ向いてもうご勘弁してー」という顔してます。


「ユウとフミのどちらに初対面でよりどちらに懐くか勝負!」は、
客観的に見て、どうみてもユウの完敗


実際にはこのまますぐにお持ち帰りしたかったが、
その翌週から新婚旅行があったため、結局は新婚旅行から帰ってきた翌日に迎えにくるということで、この日はこれでお別れでした。
まさに生殺し状態です。




だが、帰りの道中に気がついたのだが、フミの服がやたら汚れているのだ

それも、飲み物をこぼしたとかそういうレベルではなく、その範囲も広く、微妙に黄色のシミで汚れているのだ。

IMG_1119.jpg



ユウ自身もこの日を思い出しても、夏(ナツ)に会うまでは、フミさんの服はまったく、汚れておらず、帰りの車の中では汚れていた。

そう、汚れていたとしたら、夏(ナツ)を抱いたとき以外に考えられない。




今から考えれば、ウレションなのかもしれないが、
敗北感でいっぱいであった、ユウにとって 
夏(ナツ)のフミに対する、お土産は大変気にいりました。


この勝負は引き分けかな。










スポンサーサイト

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。